パタヤのガウディ サンクチュアリ・オブ・トゥルース

アジアのサグラダファミリア(直訳すると「真実の聖域」)

といわれる緻密で壮大な建築物が

タイの人気ビーチリゾート地パタヤで見ることが出来ます。

http://www.sanctuaryoftruth.com/

*市内中心地からソンテウタクシーでおよそ15分〜20分程度です。

料金は運転手によって差がありますが、概ね150バーツでしょうか?

 

この巨大な木造建築「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」は、

タイの実業家レック氏が1981年に着工したのが始まり。

それから30年以上たちますが、いまだに完成していないんです。

 

入園料は500バーツの約1500円ほど。

 

建築にはなんと既に100億バーツ(約325億円)

もの金額を費やしているんだとか!

金属の釘は一切使わない木造建築。

タイが17世紀から持つ100メートル以上の木造建築を建てる技術を

後世に伝えることも建設目的の一つなんだそうです。

 

ここは非常にオススメです!

 

その圧倒的なスケール、時間背景、壮大さにとっても感動しますし、

美しいです。海とのコラボレーションもハッと息を飲むほど。

東洋哲学を具現化したような、神秘性を感じ取れます。

img_1467

彫刻ひとつひとつをとっても細かく、

大変な作業だった事が伺えます。

その芸術性の高さも素晴らしい。

img_1469

 

 

img_1460

スペインのガウディ建築物もいつかは見に行きたいと思っていましたが、

これではっきりと、絶対行く!と強く確信しました^^素晴らしいですもの。

 

園内にはレストラン、カフェもあるので

のんびり2,3時間はじっくり休憩しながら眺めて、

回れますのでぜひ時間を作ってお立ち寄り下さい。