フィッシャーマンズワーフで美味しいクラムチャウダーを食べる

サンフランシスコといえば・・・?

そう、クラムチャウダーですね!

 

 

 

アサリと野菜、スープの美味しいハーモニーが奏でる魚介の旨味たっぷりなチャウダー。

チャウダーはアメリカ東海岸のニューイングランドが発祥地のスープなんですってね!

 

 

”BOUDIN(ボーディン)”

そう、ここはサンフランシスコでクラムチャウダーが超有名な人気パン屋さんです!

ちょっと酸味のあるサワードウというパンをくり抜いた器に

チャウダーたっぷり装っているのが特徴的です。

 

フィッシャーマンズワーフ(Fisherman’s Wharf)

というショッピング施設やレストラン、水族館などが

一箇所にまとまっている観光地エリア内に2店舗あります。

 

そのエリア内にあるピア39はちょっとしたテーマパーク状態で

大道芸をやっていたり、アシカが時期によってはたくさんいるし

人がとっても多く賑やかで楽しめます^^

 

 

ボーディンのメニューはパン、サラダ、サンドイッチと

色々売っています♪

 

行列のため並び、レジで注文。

「For here(フォーヒア)」ここで食べます。

と伝えてお金を支払い、混雑しているためか名前を聞かれますので

はっきりと伝えます。

私の場合大抵聞き取りづらいようで、

スタバやカフェでもミワではなくミヤとよく呼ばれますw

なのでスルーしないためにもよく聞いて見ておく必要があるんです。

 

しばし待って自分の名前を呼ばれたらお皿を頂き、

そのまま外に繋がるドアから出て適当な場所に腰掛けます。

店内のカフェスペースも広かったように思います!

 

ちなみに外のテラスはガラスで囲われていて

外からは入れない仕様になっているので安心ですね!!

 

 

 

しかしフタになっているパンを手でちぎり

スープにひたして食べる至福。

 

 

口いっぱいに甘いスープの優しい味に

ゴロゴロと野菜、貝の旨味が広がります。

 

・・・

と言っても決して高級品な食べ物ではなく

おふくろの味〜というのがしっくりきます。

1,2回食べられればまぁ満足\(^o^)/

 

ぜひサンフランシスコに来たら1度は行ってみてください!

 

ちなみに何が良かったかというと

すぐ近くの蟹マークの看板の下でLIVEをやっているんですよねー

 

ココらへんはよくやっているようで

私としては好きなので、非常に素敵な時間を過ごせて感動でした!!

食べながらも音楽が聞こえてくるので超いい感じです。

 

 

黒人2人組で本格的な音響やセットを持っているので

まじで上手いし声も超良かった・・・

 

食べ終わってから近くまで聞きに行ってしばし拝聴。

ちゃんとチップも入れてきました。

 

また聞きたいくらい本当に上手いので機会があれば

ちょっと立ち寄って下さいと言えるほどオススメです♪

 

ボーディンでは一部ガラス張りになっているので

外からパン作りの工程を見ることも可能です。

カニさんとか作っててカワイイ。

 

*ユニオン・スクエア向かいのmayc’s地下やピア39、

フェリービルディングの近くにもあります。

Boudin Bakery (ベーカリー・ホームページ)
http://www.boudinbakery.com/

Bistro Boudin (レストラン)
http://www.bistroboudin.com/home/
160 Jefferson Street
San Francisco, CA 94133
365日年中無休。ミュージアムは火曜定休。