アライアンスとは

連合や提携を意味する「アライアンス」

 

世界には航空会社の大規模な提携グループが3つあります。
「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」の各アライアンスです。

世界の大手航空会社のほとんどが、これらのいずれかに加盟しています。
航空会社を乗り継ぐとき、空港のターミナルやラウンジを利用するとき、
そしてマイレージをためるときなど、海外旅行に欠かせません。

 

アライアンスの加盟会社同士では、マイルの相互加算、特典の相互利用ができます。
(加算率や対象となる航空券の種類、特典に必要なポイント数などは、各プログラムによって異なります)。
ANAやJALカードを利用しているならそのアライアンで利用できますし、マイルをためる機会も、
特典の選択肢も自ずと豊富になりますね。

 

乗り継ぎも便利に

アライアンスの加盟会社を乗り継ぐ場合は、基本的に成田で全行程のチェックインができ、
手荷物も原則として最終目的地まで預かってもらえます。
出国審査を通過した後も、ファーストクラスとビジネスクラスの利用者、
および加盟各社のマイレージプログラムの上級会員は、各アライアンスの加盟会社のラウンジが使えます。
他国の空港でもターミナルの共通化が進められていますので、ますます
便利になっていきます。

 

 

「スターアライアンス」

ユナイテッド航空やルフトハンザ ドイツ航空、全日空(ANA)など26社が加盟
加盟社数が多いうえ、各地域に複数のメジャーな航空会社がバランスよく含まれていることは「スターアライアンス」の大きな強みです
日本ではANAが加盟していますので日本でのポイント獲得もかなり有効利用できますね。

 

「ワンワールド」

アメリカン航空やブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空(JAL)など11社が加盟
サービスのクオリティと快適な空の旅を提供。日本ではJALが加盟しています。
オセアニアや南米にも豊富なネットワーク、ロシア、インドからも加盟されているのでこれからが注目でしょう。

 

「スカイチーム」

エールフランス航空やデルタ航空、大韓航空など9社が加盟
日本の航空会社は参加していません。ですが、太平洋線をはじめ、アジア、
ミクロネシアと豊富な日本路線を展開するデルタ航空や、“エアフラ”の略称で親しまれているエールフランス航空など、
日本人旅行者になじみの深いエアラインも少なくない。アジアに強い。

 

 

世界一周格安周遊航空券
アライアンスの世界ネットワークを駆使して、
思いのままに地球を一周する“夢の航空券”。
料金はチケットを購入する国と旅行する大陸の数(アライアンス独自の運賃ルール)、
利用するクラスなどにより決まります。
これから世界一周旅行をする人には、どの国に行くかによってアライアンスを
決める楽しみがありますね♪