ローコストキャリアとは LCC格安航空会社

ローコストキャリアとは・・・

 

格安航空会社をさし、略してLCC。徹底的なコストカットと脅威の安さで、世界の空を席巻しはじめています。

 

 

近年では、アジア大交流時代に突入したこともあり、
21世紀は、まさにローコストキャリアの時代といえるのです。

 

安さの秘密

 

■機内サービス(機内食や毛布)の有料化
これまで乗客に無料で提供されていた機内食や毛布・枕の配布を、有料化しています。
食事をしたい人は、お金を別途払って買うか、自分で食べ物を持ち込まなくてはいけません。
別途料金の機内食も特別高いものではなく、エアアジアで1000円程度です。

 

■都心に近い空港を使わない
大きな都市では圏内に2つ以上の空港がありますが、都心に近い、あるいは多くの航空会社がすでに使っている人気の空港は
、航空会社にとっての使用料も高くなります。そこで高い空港を避けて、都心から離れているなど多少不便でも利用料が安い空港を使って運賃に反映します。

 

■空港における駐機時間の短縮
ある空港に着陸した後、短い駐機時間でまた飛ぶことができれば、それだけ1日あたりの回転率が高く、稼げるという計算になります。
LCCではそのような考えのもと、駐機時間を短くしている会社が多くなっています。

 

ちなみにライアンエアーは、「各空港における駐機時間は25分以下が目標」だとか
搭乗客はその間に乗りこまないといけないので、利用者はうかうかしていられません。

 

■払い戻しなどは不可
LCCの安いチケットの多くがキャンセル時「払い戻し不可」になっています。
LCCでも払い戻し可能なチケットと不可のチケット両方を販売している会社が多くあり、当然ながら払い戻し可能なチケットはその分割高です。

 

■座席幅を狭くする
もともとエコノミークラスの座席はかなり幅が狭いのですが、それをさらに狭くして、
1機の飛行機になるべく多くの乗客を乗せられるようにしています。

 

アジアを中心に勢力を伸ばすローコストキャリア。
今後ますます期待が出来ます♪
もっと手ごろな価格になれば気軽に旅行にも行けますね♪