レンタカーで回りたい観光スポット・再訪癒やされ奄美大島女旅

今回は4年前に来た奄美大島に再訪し、ここ4年間も頑張ってきたよねーという自分への久しぶりの旅行にするのが目的。

でも直前に家庭や仕事の事でゴタゴタ忙しく、ほとんど準備が出来ないまま当日を迎えてしまいました。準備が8割と考えている自分にあるまじき行為・・

キャンセルしたかったけど格安LCCはオプションを選んでいないと、1円も返金されないので結局行くことになりました…

こういう時は気持ちの余裕がないし、完全梅雨入りで雨模様だったので諸々反省です。しかも前回大変お世話になった、会いたかったママさん、パパさんにも会えずでまさに踏んだり蹴ったりとはこの事!!

2人に直前に電話した自分も悪いんですがちょうど休みで沖縄旅行に行かれており、私と入れ違いでした 笑 そんな感じで奄美旅スタート\(^o^:)/

東京乗り換えありで北海道-奄美大島フライト金額合計24,540円

往路フライト:ジェットスター
新千歳→成田空港 12670円(ちゃっかりPLUS含む)片道利用で時期的にか高いのしか空いてませんでした。

ちゃっかりPLUSとは+2000円で機内持ち込み荷物7キロ、預け荷物10キロ、座席指定無料、機内で食事出来る500円分バウチャー、などが含まれているオプションです。

普通の旅行ではスーツケースなど機内持ち込み7キロまでに抑えるのが難しいと思いますので最近はオプション購入がマストになってきたと思います。昔は10キロまでだったので結構便利だったんですけどね。

LCCでもオプション付けると高いのであんまりメリットってないような気がします。

スーツケースに入らない分はバックパックに詰めたり試行錯誤しましたが、結果400グラムオーバーしてしまいました。

しかしカウンターでは何も言われずでセーフ!

そもそもオプションでお金払ってるので少し緩いのかも?これが無料持ち込み範囲だともっとシビアかもしれません。

新千歳空港のジェットスターのカウンターが変更され、一番左端だったのが一番右端になりました!

昔の記憶で歩いていたので気づくまでかなり歩かされた・・笑。途中でヒールからぺたんこ靴に履き替え・・

保安検査場がすぐ横にあり、登場口も目の前。わかりやすく利便性は高まったように感じます。

1時間半のフライトでひとまず成田空港へ到着です。ここから奄美大島へ!(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

ちなみに他のエアラインのカウンターも変更されているようなのでチェックしておく事をオススメします〜

成田空港3ターミナルに到着・・・

バニラエアカウンターでは仕様が変わっていたのか、少し挙動不振になりました 笑
まずチェックインの前に、持ち込み荷物のサイズや重さのチェックをしてもらいシールを全部に貼ってもらう必要かあります。

その後、ウェブチェックインしてない人は機械で、預け荷物がある人はそのままカウンターに並びます。

預け荷物のやり取りはスムーズに終わりましたが、CAさんからその後10分ほど壁際で絶対に待っていろと言われます。初めて言われたのと流れ作業の様に説明されて理解が追いつかず、2回ほど確認しました。

このまま後ろの壁際に行く→自分の番号が呼ばれないか10分間は絶対待っている→呼ばれなければそのまま保安検査場へ行け

預け荷物に何かあればそこで呼び出すからいる必要があり、もし10分経っても呼ばれなかったら問題なかったということなのでそのまま調べるところ行って登場乗り場にいけばいい。ただバス移動だからもう中に入っとけと言われました。

往復フライト:バニラエア 
成田空港から奄美大島 11920円(+オプションで預け荷物20キロ含む)

普段JALなので久しぶりのLCCはこんな感じだったかしら?と不慣れで戸惑いましたが安さは健在・・。

しかし説明不足、やりとりの粗さ、上の画像のように離陸まで約30分以上も待機してたりと時間がかかり、今回のLCC体験は正直安さしかメリットがなくなったような感じを受けました。

LCCもANAも全部含めてフライトを一括で簡単に検索したい方は格安航空券予約サイト-skyticket.jp がオススメ。

奄美に着いたら事前に予約していた奄美レンタカーの送迎車に乗り込みます。
2日で6,200円(ガソリン代1600円)

私の悪いクセで加入保険無し・・笑 本来は保険つけたほうが安心ですが、ついついどこ行っても保険無しで借りてしまう貧乏性っす。

今回は一括で検索出来るじゃらんレンタカーにて予約。ポイント貯まります♪

空港出たところを道路渡ったらレンタカーの送迎車が巡回しています。事務所でさくっと説明聞いて支払いをして乗り込みます。

夕方17時頃着でしたが、まずはあやまる岬を見学。あいにくの雨。ですが広々とした高台からは海が一望出来ます。

人もおらず、のんびりじっくり海を眺められました。その下のビーチも目に入るのですがこれがまた非常にキレイで、砂浜の美しさが際立っていました。

ここに行くにはまた別の道を走り下に降りる必要があります。結構狭めの道を行くと小さい駐車場があるのでそこに車を停められます。タクシーで来ている方もいましたね。

雲があって暗すぎですが、キレイ(*^^*)

ゲストハウス:GOLDEN MILE HOSTEL ゴールデンマイルホステル

ここのゲストハウスはちょっと場所が分かりづらいので要注意。道が4本くらい入り組んでいてその中にあるのでぱっと見では見落としやすいです!

郵便局の道路挟んで横側、ゴーゴーカレーの向かい、大きい薬局の斜め向かいという感じ。

1泊目は個室でトイレとシャワーが共同。エアビー予約で3973円

エアビー予約が珍しいのかクレジットカード払いしか出来ないはずなのに、再度支払わされそうになりちょっと焦りましたww

もし初心者さんだとわからないまま払ってしまう事もあるかと思いますので、利用側もしっかり支払い済みという認識が必要ですね。

個室のお部屋がTVとベッドだけというシンプル空間でしたが、窓もありエアコンも快調で、とても快適に寝られて広いのでかなり居心地は良かったです。

初日はさすがに最北端の北海道から南端の奄美大島まで12時間位かけて来て、フライトと移動により頭痛が激しいのでほぼ寝てしましました・・疲れた。

でも、ゲストハウスでおすすめを聞いて紹介して頂いたご飯やさんへ行ってきました!!

奄美の創作居酒屋 和知(わち)

鹿児島県奄美市名瀬入舟町16-3 クレビル201

屋仁川通りの入口にありゲストハウスから歩いてすぐ。小さいビル2階にあるので地元の方がよく利用しているような隠れ家的居酒屋さんといった感じ。(この画像だと左奥)

屋仁川通り全然人通りも少なくお店も点々としており、ギラギラしていないのでいい意味ですたれ感!

歓楽街感はほとんど無しです、人も少なくて、逆に誰でも行きやすい雰囲気かなー?

地元のお酒はもちろん地魚、ゴーヤチャンプルー、色々楽しめます。燻製がおすすめ!地魚の燻製盛り合わせとゴーヤチャンプルーを注文しました。その前にまずは生ビール!

タコのお通しとビールを頂きます。オリオンはなかったけど美味しいです。

そこから約30分・・・・笑笑

ちょうど団体客が入っており、飲むは頼むはで店内とても忙しかったようです。しかしまだ最初の1品が出てくるのがあまりに遅く、もうお通しだけで帰ろうかと思ったほど待ちました。

その分出てきた料理はとても美味しくって待ったかいがありましたがw

出てくるタイミングも2つ同時だったので、どれか先に一つの方がありがたいのですがこれはわがままですよね〜

 

スタッフさんは合間を縫ってたまに話をしてくれて、奄美についてやどんなところにデートに行くかなんて教えてくれました。

奄美大島で生まれ育った島の人なのでここでしか聞けない話が出来るのは楽しいですね(*ˊᗜˋ*)/

美味しいし雰囲気も居心地も良いので、待ち時間がなければ更に最高でした!!

↓左側の黒糖焼酎ロック 実は黒くない事に驚き!!!笑(

2日目は同ゲストハウス内のドミトリーへ移動。

お手製の3段ベッドなんですが、腰掛けるとギリギリ頭がぶつかるので、終始寝ている姿勢でしかいられず居心地はちょっと残念。個室が絶対オススメ!

しかもちょうどワールドカップ日本戦だったので、1階のBarラウンジから聞こえる笑い声などの盛り上がりがうるさい・・

↑ラウンジは木とソファ、大量の本が置いてありなかなか雰囲気は素敵です♪

こればかりはタイミングが悪かったとしか言えません。薄いドアで隔たれているだけなので1階の声は割と筒抜けです。

でもタイミングさえ合えば、オシャレでリラックス出来るラウンジなのでここで食べたり飲んだり交流も楽しめる事でしょう!

スタッフさんの感じも良く、立地も市街地なのでスーパーや飲み屋街、ご飯屋さんも周りに多く利便性も抜群!近くのジェラート屋さんの美味しかったな〜

美味しい!!島とうふ屋|奄美大島の豆腐料理専門店

さて翌日のランチはこちらです。

大型スーパーのビッグツーで寄るとたまたまお休みだったために、開店20分前に着いてしまいました!周りは何もないので広い駐車場で待機。

そして開店と同時に入店!w 定食や丼ものを頼むと豆乳、湯豆腐、ミキ、山芋豆腐が食べ放題です!お腹ペコペコだったので、豆乳以外試してみました。

ミキ・・どろっとしたアルコールの無い甘酒風。これは完璧好き嫌いあるでしょうが私はあんまり・・・
湯豆腐・・タレを3種類から選べます。普通に美味しい!
山芋豆腐・・スプーンですくって甘いタレで頂きます。こってりとしたお豆腐って感じが新食感で美味しい。

メニューはリーズナブルで種類豊富です。普通に迷います。日替わりも魅力的だったのですが家でもよくやる豆腐ステーキの参考にしたくて、こちらに決定。

そんな事してるうちに、豆腐ステーキ柚子胡椒ソースが出来上がりました!!

豆腐はカリッとしており味自体は普通だけどゆずこしょうソースがピリッとしておりこんなのも合うんだと新発見で美味しかったです。早速欲しい!

その他お吸い物、ゆば、白和え、豆腐サラダ、茄子、ナッツ味噌?デザートプリン、豆腐の何か・・小鉢の種類が豊富!

キツネご飯にはふりかけをかけて頂きます。(全体的なボリューム凄いのでご飯半分以上残しちゃったほど)全体的に丁寧で素朴な味わいがとても良かったです。女性は間違いなく好き( ♥︎ᴗ♥︎ )

これで800円ほどでしたからね・・安すぎます!

食べていたらお客様が続々来店されました。まだ開店10分位で1人の男性ツーリスト風、妙齢ご夫婦。主婦友、サラリーマン2人組、ツーリストとうとうあっという間に満席状態へ。

隣のサラリーマン男性は初めてのようでしたが、うまい!小鉢の種類色々あるなーと男性でも満足できるほどの出来栄えのようでした。

かなり混んでいる人気店のようなのでタイミングにご注意です。お土産でふりかけと豆腐あんだーぎー買いましたがサクサクふわっとしていてこちらも美味しかった!

ウミガメちゃんと触れ合える大浜海浜公園にある奄美海洋博物館

かなり高い山から下ってのここにたどり着く道となっており、そこから見える海の景色がもうキレイのなんのって・・・

この博物館展示物は少ないけど、サンゴ礁の出来る過程などなかなかおもしろい内容でした!

2階ではウミガメにレタスなどのえさやり体験が出来るので、他の子連れさんとかかなり大喜びでしばし遊んでました。誰もいなくなった頃に行けばのんびりえさやりが出来ます。

パクっと食べる仕草が愛くるしくて、新しい一面を発見ですね、やっていたらたくさん集まってきます。

頭や甲羅を触っても大丈夫なので、滑ったり噛まれたりしないように注意しながらさわさわしてみましょう!

ハワイでは禁止されているので、触れるのは貴重な体験だと思いました、とてもめんこいです。

野生動物保護センター

滝へ行く途中によりました。が、何もないですw

展示物とパネルなどがありますがちょっと予想より小規模すぎて行かなくても良かったかもなぁ。

マテリアの滝(本当に美しい太陽の滝壺)

旅人や休息地として昔この山を歩いて超えていた人々がいましたが、ここらへんは木々がうっそうとしており昼間でも暗かったそうです。

しかしその中でもこの滝壺の上だけポッカリと開いたようになっておりいつも美しい太陽の光が降り注いでいたようです。旅道中のオアシスてきな存在へと。

これはキレイです!!!が・・・道のりがあまりに過酷なのでおすすめしません〜

名瀬から約1時間ほどですが、途中山道を30分ほどは走ります。

狭くて1車線にもなるので注意しながら走らなければですし、急勾配ですし、ドライブ大好きな私でも大変でした。途中引き返そうかと思うほど。

本当に滝好き以外は行かなくてもいいかなと思われます。ツアーなら良いかも。

ですが森の中に迫力のある滝がゴウゴウと音をたてて流れ落ちるその様はやはり圧巻で、とても美しかったです。マイナスイオンが豊富でしょうし気持ち良い。

近くに生えている苔も立派でとても可愛く、美しかった(苔好きなんでw)

現地のものが食べられるから楽しいスーパー(屋仁川通り近く)

油ソーメン(好きだけど自分で作った方がうまい)、刺し身(北海道のが断然うまい)

いつもはその地元のが食べられるのでワクワクして重宝するスーパーですが、買ったものが微妙だったのかそんなに美味しくなかった・・・。残念。

※空港には以前奄美大島のご飯屋さんがあったのですが、いつの間にか閉店してしまいジョイフルというお店と簡単なおにぎりや出来合いのお弁当くらいしか置いてありませんでした。

しかもおにぎり美味しくなかったので、空港へ行くまえにどこかで食べられる事をオススメします。

名瀬の商店街(ティダモール)

先のゲストハウスから歩いてすぐに位置します。

近くに住まわれている方が利用するような観光客向きではないけど、色々お店が入っている商店街。

観光客向けでは決してなく、地域密着型の店舗という感じが多いかったのでそういうのを求めている方だと楽しいかもしれません。

アイス食べながらぷらぷら歩いて、横切ってしまうには良い感じ。でも商店街終わるとそれこそ何もないのでまた戻ります 笑

文化を学べる奄美市立奄美博物館

入館料300円。奄美大島を中心に奄美群島の自然・歴史・文化について学べる資料がたくさんあります。これは面白くて興味深いものばかりでした。黒糖、昔の家、年表、生活用具、住んでいる動物などなど。

屋外には代表的な構造物である高床式の穀物倉庫の実物と、民家を移築復元しているのでこれもとても趣があります。

中にも入れるみたいですが、虫やらが凄くて耐えきれずにすぐに退散・・

私は昔ながらの建築物や歴史には非常に興味があるので、こういう展示物はとても良かったです(*^^*)

大人になると博物館など行く機会が普通は減ると思うんですが、私は旅先ではほぼ必ず行くのでむしろ増えています。

やっぱり気兼ねなく興味ある事や好きな場所に行けるのは楽しいですよね。

まとめと反省

今回はやはり1度来た事もあって目新しさがなく行き当たりばったりだったので、前回の楽しさを上回れず終わってしまった感があります。(ママ・パパさんに会えなかったのが痛い・・)

加計呂麻島や喜界島に行こうかと悩んでいたので、やはり美しさなど桁違いでしょうから離島には行っとけば良かったようにも思います。

レンタカー借りられたので、ドライブと風景を楽しんでましたがせっかくの南国なので、やっぱりダイビングや海のアクティビティはしとかないとちょっと物足りない感じにはなりますね!

でも奄美大島も美しさと素朴さは相変わらず健在でしたので、また数年後に訪れたいと思います。

そして、この次はどこか初めての場所へ旅をしてきたいと思いますପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ


ちなみに復路の東京−北海道間は安定のマイル利用で0円です♪♪

今回は奄美大島に行くのであえてジェットスターやバニラエアを乗り継ぎましたが、マイル使えば基本どこでも行き放題!

マイルを貯めたい方は渾身のこちらの記事にてご紹介してます!