人生悩んでいるなら私が世界一愛する魅力満点のサンフランシスコに行って欲しい

留学から帰国して早5ヶ月経ちました。アメリカは私にとって本当に夢かと思うような日々でした・・今でも早く帰りたいと強く願うほど、最高な街です!!大好き過ぎるので振り返ってみたいと思います。

トップ写真はミッション・ドローレス・パークというとても有名でよくピクニックしている人が多く賑わっている公園です。夜はひっそりしていて、綺麗な夜景が見れる穴場スポット。

本当にサンフランシスコに出逢えて私は幸せものです(*^^*)

私が全世界の中でも一番大好きな場所、そしてダイバーシティ、リベラル、ドッグフレンドリー、美術館の様な美しい街並み、面白い人々、そして愛に溢れている本当に素晴らしい街・・それがサンフランシスコ!!

サンフランシスコ留学ほどオススメ出来るものはない

最近では欧米や欧州よりも手軽に格安で行けるフィリピンセブ島留学が流行っておりますね。(ビジネス仲間でも結構な人が渡航している)安いしリゾートも楽しめるので人気です。

しかし私は間違いなくアメリカそしてサンフランシスコ留学を強くオススメ致します。
確かに安くはないし冬は普通に寒いです、物価も高い、でも短期旅行では決して得られない、人種や多種多様な文化が入り混じっているからこそ、濃厚な体験が出来るのです。

サンフランシスコの人口は約80万人。他都市から通勤してくる人が多いので実際はこれより多いし観光客もたくさんです。
と言っても中心街を歩いていても東京の様に早歩きの人はいないしみんな必ず避けるのでぶつかる事もないし、都会ではあるけどとても心地よいです。

有名なスピリチュアルスポットのセドナ、カジノの街ラスベガス、ハリウッドのロサンゼルスにも近く、飛行機1万円でどこでも気軽に遊びに行ける距離なのも最高です。もちろんドライブ旅行だって可能。

アメリカが大好きな理由は私はSFで本気の目標を見つけたから

私はここで大切な人たちに出逢い、素晴らしい経験をし、恩師とも呼べる人に快く協力して貰ったおかげで、本気で夢を叶える覚悟を決める事が出来ました。今現在、開業するためにもアカデミーへ通い日々勉強している最中です(*^^*)

夢が明確化され、あとは叶えるまで諦めずに行動し続けていればきっと出来るだろうというイメージが見えてきました。

語学学校でも授業の一貫で、帰国したら何したいか?自分が思う理想の将来は?いくら欲しい?とかまるでビジネス塾のような事も意外と本気で考えて英語で発表する機会があり、この効果もかなりあったように思います。

自分がここまでサンフランシスコが好きになったのか理由は他にもたくさんあります。今すぐにでもまた行きたいと思い、なんか寂しすぎて泣けるくらい恋しいです・・笑

自分でも不思議なくらい、大好きな街。アメリカは広大なのでまだまだ未知数ですが、しかし一応日本は21都府県、海外も8カ国17都市以上旅行に行った事があるわたしですが、こんなに心奪われる街は初めてです。通算滞在期間6ヶ月以上と短くはありますが濃厚な体験出来ます。

なぜなのか?たくさん素敵ポイントがあるからに他ならないですが、一つ一つ紐解いて考えてみたいと思います。

やはり自分の今までの人生では出逢えなかったような人、事、モノに出会って大きく人生観が変わったからです。感情を揺さぶられる出来事もとても多くありました。

仲良くなった人と別れの際にはどんだけ泣いたか分かりません。それほど自分が本当の自分で過ごせて素直に人と接していたからこそ、ここまで仲良くなれたように思います。

日本にいて、いつもの同僚、友達、恋人、家族と付き合っていてもこんな風に自分の性格が変わる事はよっぽどの事が起こらない限りなかなか難しいのではないでしょうか?(その関係はもちろん大切ですが、変化は起こりにく)

だからこそ私は、現状悶々している方、悩みがある方、このままの人生に不安がある方、何か変化を起こしたい方、もっと楽に生きたい方、自由が欲しい方、恥ずかしいけど何かやりたい事がある方、そんな方々にはこのサンフランシスコをオススメします。

もちろんその国や場所に呼ばれないとなかなかスムーズには行けないでしょう。
※私の感覚でよくあるのが人生起こる出来事はすべて必然。なので特別ここに行く必要がない人にはビザが下りなかったり、航空券が予約出来なかったりすると思います。その場合は無理せず違う国にでもして、またのタイミングを待って下さい(*^^*)これは本当あるあるです。

サンフランシスコへ長期滞在をオススメ出来る理由がある

理由その①生涯かけて夢を追いかけようと覚悟する事が出来た

先程も触れましたが、ここに来るまでは動物保護活動がしたいという夢がありましたがどう叶えていこうかまだ分からない手探り状態でした。実際高校生の頃から思い描いていた夢です。でも現実味は0。

ボランティアや保護だけしても一向に捨てられる数は減らないし、生きていくためにもお金は必要だし理想論では生きていけないし覚悟が足りませんでした。

そしてこの5年間かなり自由奔放に好きな事して暮らしていました。がむしゃらに頑張る、とか自分のコンフォートゾーンを抜け出すとかって言葉をすっかり忘れていました・・

ですがこのサンフランシスコに来て、人も犬も上手く共存し、動物保護活動などのボランティアも非常に上手く立ち回って生活に溶け込んでいる感じに本当に衝撃を受けました。こんな世界あったの??どこココ?って。

ドッグウォーカー(ペットシッターさんも多い)という犬の散歩代行の人も一つのビジネスとしてなりたっており、時給も良く一人で5,6匹の犬を一挙に引き受け公園や海沿いで散歩を楽しんでいるのです。もちろんしっかりとトレーニングされているから出来る事ですが、私にはキラキラ輝いて眩しく見えました!!

そんな光景を目の当たりにして、あ!!これやん!と思います。そうドッグトレーナーです。

ドッグトレーナーになり、犬のトレーニング(しつけってやつですね)これを真剣に行い、もっと日本中に必要性を訴求させればトラブルが減り、そして捨てられる犬も減るのではないかと思いました。最終的には動物保護に通じるものがある。

身勝手な理由で捨てる方も多いですが、吠えない、噛まない、呼んだら来るという基本的な事が出来る様教え、しっかり絆が出来ていれば捨てる前に愛着が湧くのではないだろうか、そしたら殺処分数もゆくゆくは減るのでは?という考えに至りました。

アメリカで見かけたどの犬も非常に温厚で吠える犬はたったの1度しか見かけないほどです。日本では犬は吠えて当たり前感があるかと。これは犬も人もライフスタイルがかなり変わると思いました。少なくてもこの当時の私は、人生変わるくらい衝撃的な体験でした。

という事があったので、まずはサンフランシスコ滞在中に何か一つでも先へ進むキッカケを得られる様にドッグトレーナーや学校、ボランティア施設に色々連絡を取ってお手伝いさせてくれないかアポイントメントを取ろうとしました。

この行動に至ったのは、やはり大切な仲間や友達が本気で応援してくれて、人生には挑戦や大変な事もあるけど絶対大丈夫だから頑張ってね♡そんな風に言ってくれたので実際の行動に起こせたというのが強いです。

そこで連絡は数名から帰ってきましたが私の英語の問題よりも(これははっきり言ってアメリカの超良いところ!英語力よりもチャレンジする人を応援してくれる風土があります)、お手伝いやボランティア募集していなかったりタイミング合わないところが多かった中、1人だけ快く返信してくれた方がいました。

その人こそ私の恩師。既にサンフランシスコでも何十年も活躍しているプロのドッグトレーナーです。

ドッグトレーナーを目指したいと思っている事を伝えると快く、じゃあ俺のLesson見学しに来いよ!いつでもウェルカムだよ!そういう人を応援する事はとても嬉しい。頑張りな!と言ってくれたのです。

実際2ヶ月以上レッスンの見学、少しのお手伝いをさせて頂きまして時々私の英語力では意思疎通が難しかった部分も多々ありましたが、生のトレーニングを間近で体験し、非常に勉強になったのはもちろん、お陰様で自分の未来予想図をとても鮮明に思い描く事が出来ました。

犬や飼い主さんへの接し方、見極めるタイミング、教え方、たまに笑わすコミュ力どれをとっても暖かく愛に溢れ、私はこの人に出逢えて幸せでした。私のメンターです。

帰国日前日のドッグトレーニングレッスン(しかも外で超寒かったw)にも行かせて頂きこれまでの感謝を伝え、お別れのハグ2回。これが泣かずにいられますか?笑

本当に渋いと言うかカッコイイ人でした。こんなに快くどこの誰かも分からない人を受け入れてくれるものでしょうか?この人に恥じないためにも覚悟決めました!なので巡り会わせてくれたサンフランシスコにも感謝です(^^)
今でもたまに連絡していますが、Facebookという離れていてもご縁が続く素晴らしいツールがあるので感謝!

私がちゃんと独立して開業した暁には、全額自分持ちでぜひ日本にお呼びしセミナーや体験レッスンを開催して頂こうと思っています♪

理由その②日本では出逢えない多国籍な面白い人が多い

↑これはクラスメイトと行ったセクシーなクレイジーイベントw上半身ハダカ

サンフランシスコでは今まで出会った事がないような、ユニークで、愛に溢れている大好きな人達に出逢いました。日本人、アメリカ人、イタリア人、タイ人、香港人、チリ人、モンゴル人、カザフスタン人、ウズベキスタン人、中国人、韓国人、トルコ人、台湾人etc

男女問わず、下は22歳から上は50歳代の方にも仲良くしてもらってました(^^)

本当クレイジーな人もいれば、優しく、ユーモアがある人に囲まれ毎日新しい発見があり楽しかったです。私自身日本では田舎に住んでおり、友人は結婚や子どもがいたりするのでなかなか昔の様に遊びに行く事も出来ず、その違いが新鮮でもありました。

しかもここで本気で好きになれた男性にも出逢いました。帰国したので叶わぬ恋でしたが・・・笑

この人は今でもがんばれよーって応援してくれて、自分自身よりも人を助ける人で教会の牧師さん目指している様な人です。私にはたまにJESUSに見えるほど。本当の優しさって時に厳しいし突き放す事も大切ですが、それが出来る男。敬虔なクリスチャンでもあります。

行動力があり、誰とでも気軽に話し、レディーファーストはもちろん、優しく、毎週ボランティアに行き、寄付もかなりの額、チャイルドスポンサーでもあり、ホームレスにも気軽に声をかけごはんをあげたり、ズボンのチャックが開いている人にはすぐ教えてあげるし、ロマンチックなデートを喜んで考えてくれ、自分の仕事や夢に向かって日々行動しており、絶対人の批判やジャッジはせず、いつも人を応援し褒めてくれ、そこらにはいない熱い男性でした。稼いでいるのにモノを持たないところも、筋トレを欠かさずやっているのもかっこよい。

男性として、、と言うよりも一人の人間としてそんな生き方や信念がかっこよすぎて、おかげで自分の恋愛観が大きく変わり何を大切にしたいのかが分かりました。

外国人と出逢いたいと思っている方に今一度考えて欲しい事。確かにアメリカにはカッコイイ人やレディーファーストで優しい人は多いですが、チャラい人も多いのが事実。

本気の恋愛を求めるならしっかりとその人で間違いないのかどうか見極めて下さい。人に対して自分毎の様に泣いて喜びを分かち合えるような男性、私は初めて出逢いました。人としてこういう人に出逢えた事が私は本当に嬉しいです。

もちろん彼以外にも、大好きな人達がたくさん出来たので、みんなに出逢えた事が私の宝物です(^^)だって日本にいたら120%出逢えない奇跡ですからね!!年齢関係なく、生き方自体凄いなって人が多い。

楽しかった英語のお勉強とクラスメイトのお姉さん↑

ちなみに、サンフランシスコにはスパニッシュが多めの多種多様な人種が入り混じっているので、そもそもアジア人に対する人種差別がほぼありません。どんなお店へ行ってもフレンドリーなので嫌な思いした事もありません。

英語出来なくても、変に優しくもされなければシカトもされずちょっとした小話も出来るくらいどの人も基本的には感じが良いです。たまにスタバの店員が冷たかったくらいw

世界に先駆けて色んなサービスの実践の場としてスタートアップの活発な街としても有名です、新しいサービスが多くあるのも魅力的。エンジニアやフリーランスが多くカフェで仕事している人もよく見かけます。

そういうセミナーやイベント好きにもとってもオススメ。前にロンドンブーツのあつしが講演しにシリコンバレーに来ていて、考えている事がテレビからは想像出来ないような凄く熱い男でした。そういう素を話せるのもアメリカマジック?

有名なシリコンバレーは(スタンフォード大学がありますので)Apple、Facebook、ツイッター、UBER、HP、Google、ヤフー、アドビ、インテル、(Netflixは同じ州のスコッツバレー)と言った名だたる大企業の発祥の地でもあります。

そういう時代を動かしたブランドや天才を生み出した場所が近いというのは、凄く刺激的ですよ。ごはんやビール無料で飲みながら仕事出来るエンジニアの働きぶりも聞いているだけで非常に面白い!

何十年ぶりのクラブにクラスメイトと行ったりもしましたが、本当おかしくて終始笑いっぱなしだったのはいい思い出です。載せれないけどその時撮った写真とか本当いい笑顔(*^^*)

しかも夜中2時以降は法律で営業禁止になっているので、とっても健全な街で朝帰りとか出来ません!屋内は全面禁煙なのでホテルも普通の住宅ももちろん、バーもクラブも飲食店もすべて禁煙なので健康的です。

外ではみんなたむろってスパスパしていますが、喫煙者はここで友人が出来る事もあるでしょう。非喫煙者は体に害なく遊べるのでかなり嬉しいです。

理由その③ビクトリア様式の街並みや景色が美しすぎる

サンフランシスコには海が美しいベイエリア、森林浴が出来るゴールデンゲートパーク、おしゃれなビクトリア様式の建物・・歩いているだけで楽しめる魅力がたくさんあります。

日本とは全く違うその景色に感動する事間違いなしです。夜景見ているだけでなんだか胸が熱くなります・・

事実、私は毎朝学校へ通うためバスに乗ったり徒歩で向かったりしていましたが毎日綺麗だなぁ、気持ちいいと感じてました。

時期によっては霧に包まれるのですが、それでも海山街が非常に美しいのでぜひ癒されに来て欲しいと思います!

街のエリアによってもかなり異なりますので、それを感じ取るのも楽しいですよー

※もちろん危ないエリアも多々ありますし全く美しくない汚さもあります・・なので移動の際には事前に調べてテンダーロインなどには近づかないように注意して下さいませ。

ただしホームレスのスープキッチンやこども施設のボランティアなどもそこら辺にありますので、明るい間に友人と行くなりすれば大丈夫です。汚いし怖いと思う場面も確かにありますがそれをひっくるめてもSF!

理由その④どんな人も住みやすい自由(リベラル)な風土

先程の大好きな人達がいるにも通じている部分ですが、本当に自由です!!息を吸うのが本当に楽ってほど生きやすい街。

なんでなのか考えてみました。日本は監視社会なので自分に関係がないのに人の批判や拒絶が多いように感じます。協調社会過ぎて、私のようなはみ出し者には非常に息苦しいのです。

でもここでは人に迷惑かけなければどんな事やっても許容してくれる、その範囲が非常に広い気がします。

例えば私は高校中退で16歳からずっと働いています。一応高認は取得していますが正社員で働いた経験は一度もないし、社長や店長と喧嘩になってある意味クビになった事も1度ではないし、夢など語る事が昔からでかく周りからはたまにやべーなお前!何言ってんのwって言われてました 笑(今は結果出しているので全くなくなったけど、昔は本当辛かった人生っす)

ですが25歳から自営業として独立し確定申告もやってるし、海外や東京にはよく行けるし自由気ままなライフで決してまともな生き方には程遠いですが自分なりに一生懸命今を楽しく生きています。

思い立ったら髪をピンクに染めたり、グラデーションにしたり、服も流行りより好きな服を着たり、勉強のため九州でも東京でもどこでも行けるし、気持ちがたるんだので気合入れるために農家に3日だけバイト行ったり、またビジネス頑張ったり、まさにやりたい事は人の目を気にせずやれるようになりました。

20代の時は考え方や言動が多数派になる事がなかったので仲間はずれにならないように、周りと合わせようと、かなり気を使っていました。バカっぽいフリをしていたし、流行りの服に流行りの音楽、薄っぺらい生き方で自分がなかったように感じます。

誰かに刺激を与える様な生き方ではありませんでした。

それが自営業やって色んな経営者や自由人に合うようになって、私自身、自分をもっと大切にしようとしてきたのですが、このサンフランシスコはもっと上をいってます。

私の目にはみんな人の目なんて気にせず自由に生きているように映りました。

クレイジーなイベントでは裸でチャリに乗って市内1周するとか(男も女も本当の裸w)、イベントでは人の目なんて気にしないで好きに踊るしそれを見ている方も盛り上げるし、イチャイチャなんて年齢問わずどこでも当たり前、多少お肉がついていてもセクシーな服は普通(それを周りが見てヒソヒソ話も一切無い)、批判せず感情的にならずに意見を言い合う事も普通、私の先生は女性だけど奥さんも女性、クラスメイトも女の子だけど女の子好き、髪やってもらってた美容師さんはゲイだけど飲んだら可愛い、行動する人にはチャンスがある、ホームレスでも親切な人、とか・・・

こんな自由な感じがするのですが基本的には人を大切にし、譲り合う精神は日本よりとてもあるように感じました。

スーパーでもお先にどうぞ、って譲ってくれたりエレベーターでもお先にどうぞとか日常茶飯事。これ何もレディーファーストではなく女性同士でもそうなんですよ。

日本だと多忙で時間に追われている人が多いからか我先に降りたり、人を押しのける方が多いなか、サンフランシスコは基本ゆったりしています。なんかそんな自分優先している人がいたら恥ずかしいというかびっくりするくらい、全くいませんでした。

これはリベラルとは違いますが優しさが溢れています(^^)

人を大切にしているのもなんだかホッコリして大好きな部分です。そしてどんな人でもどんな見た目でも決して変な目で見られないので、私にとっては非常に住みやすい街でした。

働きだしたら競争社会の荒波に飲まれるかもしれませんが、少なくても今日本で生きづらい人にとってはかなり驚くほどの住みやすさだと思います。ちなみにハッパも合法になったのでそういう面でも先を進んでいる街。

理由その⑤イエスキリスト(JESUS)に出逢えた

これに関してはまだ最近足を踏み入れたばかりの私が書いて良いのか悩みますが、人生に大きく変化をもたらしてくれたものなのでシェアしたいと思います。

JESUS?=それは神、イエス・キリスト、ジーザス、主、Lord、ゴッドの事です。キリスト教の神様。

キリスト教の彼に何度か教会とクリスチャンの集まりに連れて行ってもらいました。元々キリスト教には興味があり聖書も呼んだことがありました。何故か分からないけど惹かれるものがあったのです。

今まではアメリカ人はみんな敬虔なクリスチャンだと思っていたのですが、実はそうではなく全く日曜日の礼拝に教会に行かない人も多いし、飲酒や性的な決まりを守っている人も少ないのだとか。

それでも私が出会った教会に通っている人は親切で、真剣に信仰していて、お金よりも大切なものを知っている感じがしました。教会でボランティアしている人もお金の面で大変なのに頑張って支援していたり、なんだろう言葉では言い表せないのですが日本では感じた事のない深いものを感じました。

神様って目に見えませんよね?でも信仰心を持ったその時から心では感じる事が可能になるんだと思います。

神に恥じないように人生生きていこうと決めてからは、全うになれている気がします。

何か進むべき方向に迷った時も、ジーザスがいるし疑いもなく心の声に従えるようになったのはとても救われます。帰国して少しさみしく辛い時もきっと大丈夫だと信じて行動して今良い様に進めてきたのも信じているからだと思います。

あまり無宗教の日本では馴染みがないかもしれませんが、こういう世界を知ってみるのも長い人生の中では決して無駄ではないと思います。それが仏教でも神道でもイスラム教でも、信仰心を持てるのであれば良いでしょう。

理由その⑥心揺さぶられる出来事が多い

そのまんまですが、本当に素直な自分らしい自分でいられるのがここサンフランシスコでした。
楽しい時は笑い、嬉しい時は泣き、喜ぶ時は大げさに、喜怒哀楽を身振り手振りで出せるようになりましたw

本当に何度泣いたか分からないほど、色んな出来事がありました。(大体は嬉しかったり感動したり)

上手く言葉では言い表せないのですが、やはり日本の人付き合いとは大きく異なります。基本的に刺激を貰えるのってやっぱり人間関係だと思うんですよね。

なのでその人間関係が全く今までのそれと違うし、英語が主の世界に行くと、感じる事や見るものすべてが変わります。

2つ印象に残っている事がありますが一つはナパバレーのワイナリー旅行した時の夜の事です。

友達と屋外でイスに座り炎を灯しながら星空を眺めていました。そこで自然の神秘だったり人生だったり、色んなおしゃべりを繰り広げていたのですが、その人が言った「Life is beautiful」人生は美しい、これがとても印象的で本当に美しい忘れられない夜でした。

まさしくその言葉がぴったり。日本でもキャンプして星空眺めた事何度もありますが、綺麗とは感じてもいやー人生美しいよね、なんて思った事ないですもの。

それを考えた時に今自分がそこにいれた事、共有出来る友がいた事、美しいと感じれた事などどれもとてもありがたく思いました。感謝の気持ちが必要ですよね・・忘れがちだけども。

二つ目は教会にてhillsong(ヒルソング)というキリストへの現代賛美歌と出逢い、非常に心打たれました。

最初は圧倒されてしまい体は動かず、何も飲み込めない状況でしたがその歌詞を調べたりヒルソングの意味を調べて行って3度目の正直で超感動しました。泣けます。周りもすごい。牧師さんもいい事言っている。

牧師さんが自宅で開く集まりがあって参加させて頂きました。キリスト教の小さいコミュニティーというのがあって聖書を読んで理解を深めたり自己紹介して親睦を深め、悩みがあれば話して何か手助けになれたら良いね、相互扶助という様な感じでした。

私も拙い英語で自己紹介しながら他5名くらいの話しも聞いてました。ぶっちゃけあまり内容は理解出来ませんでしたがこのようなコミュニティーがあるのは素敵だし、暖かさを感じました。

それとグレース大聖堂という大きな教会での賛美歌を聞いた時に舞い降りた言葉や感動など、絶対日本では体験出来ないような事が多々あり感じた事のない自身の心の揺れ動きに驚く事がありました。本当に美しいです。

教会の宗派だと思いますが、賛美歌がオペラのように美しかったり、激しかったりで色々違いがありますのでぜひあちこち行ってみて欲しいです。基本的に誰でもウェルカムで暖かく迎えてくれるだろうと思います!

理由その⑦動物に優しい、ベジタリアン食が美味しい

タイレストランや超ロマンティックなベイブリッジを見ながらのビールとお料理、うどんカルボナーラとか↑

本当に美味しい飲食店そして多国籍料理が溢れており素晴らしい食文化です。ミシュランレストランを多く輩出している美食家も唸るSan Francisco!!もちろん日本食も豊富〜♪

オーガニックは当たり前、ベジタリアンフードもたくさん。皆アメリカは太るといいますがサンフランシスコに来て私はちょっと痩せれたし太っている人の比率は他州よりかなり少ないように感じました。スマートな出来るビジネスマンとウーマンが多い!

お寿司、オイスター、サーモンにマグロ、パンケーキ、クレープ、クラムチャウダー、クラフトビア−・・・私が美味しいと感じでまた食べに行きたいところはたくさんあるのですが、やっぱりクラスメイトが最後に作ってくれたトムヤムクンは感動したし、彼が作ったナスのパルミジャーナやコールドプレスジュースも素敵だったし、食にはいい思い出しかありません♡

あ、でも普通のコンビニのサンドイッチとかは激まずなのでご注意を・・

まずはこちらのサラダ専門店!予め決まっているメニューを注文するか、自分でカスタマイズして好きなサラダを作る事も可能。アプリも提供されているので時間前に予約して受け取るだけというのもとっても簡単です。

カリフォルニア州の野菜をなるべく使っているようで、味は美味しいしケールや豆など好きなチョイス出来るトッピングがどれもいい感じです。これと少し似ている魚メインのハワイアンフード、アヒポキ屋さんも超絶うまい!!

sweetgreen

チポトレというとってもメジャーなこちらのお店、いつも賑わっておりランチや夕食に何度か利用したことがあるカジュアルファーストフード店という立ち位置のお店。

メキシカンフードもこのサンフランシスコに来てからとっても好きになりました。ブリトーにタコス美味い!!
こちらも好きなようにチョイス出来るのが素敵です。市内中心地にもあるので便利です。ちなみに場所によってはマクドナルドなどのファーストフード店は治安が悪い場所だったり、低所得者層がメインで利用していたりするのでちょっと日本とは違い注意が必要です。

Chipotle Mexican Grill

ホールフードというちょっと高級寄りのスーパーのデリ(自分で好きにBOXに入れるタイプ)、こちらもとっても美味しくてよく学校のランチ時に食べてました。

豊富な種類のサラダ、きのこ、ベジタリアン向けのラザニア、ブロッコリーやズッキーニのシンプル炒め、カリフラワーライス、豆、皆大好きマカロニチーズwとどれ食べても非常に美味しくて結構恋しいです・・・

SF市内はベジタリアン向けのスーパーレインボー・グローサリー(Rainbow Grocery)がありまして、そちらでは大豆を使った食材が豊富で食事や料理に困る事はありません。楽しいです(^^)

そして、ドッグフレンドリーな事は既にご紹介致しましたが、福祉の方も最先端を突っ走ってくれています!
西海岸発祥コスメがとても多く日本でも大人気なんですが、動物実験を行っていないブランドが多い。最近では2019年から動物の毛皮で作られたファーの販売が禁止になったようです。

ウエストハリウッド市、バークレー市に次いで3番目の都市としてファーの販売を禁止にしてくれました。米国の中でもトップを進んでくれています。これは本当に賞賛に値する素晴らしい行いだし、ますます大好きな街になりました。声を上げる力が凄い強い!!最高です。

結論→この街に出会って夢に近づき、自分が好きになったし変われた

そういえば帰国してから服や化粧など全体的に変わったと友達に言われます。派手になったとかwでも周りを気にせず自分が良いと思ったものは着用し、時代の流れ(メーカーが今期売りたい服やデザイン)に安易に乗らないようにしようと思えました。

もっとサンフランシスコの人はナチュラルで、同じような服装とか誰もいないのが面白かったです。日本だとジャケット一つとってもあれ、この人達お揃いだなー友達かな?って見てたら全くの他人だったりして不思議な感覚でした。(流行に乗ってるから服装が似ている)

レジデンスの部屋からの好きな眺め↓奥にはサンフランシスコ市庁舎がライトアップされている

まぁアメリカ行ったからと言ってすべて上手くいく訳では決してありませんし、危ない人やダメな人とかもたくさんそりゃいますよ!遊びたいだけの留学生だってもちろんいる。

誰と付き合うのかはとっても大切なので、人を見る目も養って下さい。そんで私もオススメのmeetupや飲み会、イベントなど英語とか気にせず積極的にどんどん自分から動いて参加してみて下さい。自分から動く事が非常に重要です。

サンフランシスコには、待ってても気にかけてくれる人って本当いませんので 笑

日本人でもう何十年も住んでいる方とも数名仲良くさせて頂いていたのですが、全員完全にアメリカナイズされており、日本語は通じるけど日本人の感覚は持ち合わせていませんよね?って思ってましたw

なので遊んでも、ちょっと相談事しても返答が面白いです。そして人によっては超適当だったりもしますが、どなたも自分の意見を言うし私も基本自分の芯はしっかり持っているので話がぶつかるぶつかる・・・(*^^*)
それが日本では感じた事のない感覚だったので、非常に新鮮でした。決して考えが違っても討論になるわけじゃなく、それぞれの言いたい事を理解する事が出来たのはとても良かったです。

周りと積極的に関わるようにしていけば、得られるものは本当に大きい!

現状に不満がある人や刺激が欲しい人にはぜひとも人生かけて行って欲しいです。同じ日々を繰り返していても違う結果になんてなるわけないので、少しでも変化が欲しい人には何かしら感じるものがあるはず。

変化を起こせば、きっと未来が変わります。

多少の度胸や努力は必要ですが、必ず応援してくれる人が現れるはず。

私もまた必ずサンフランシスコには戻ります!!Thank you so much I love this city!!!