水族館が有名な港町モントレーへの海沿いドライブのおすすめ

カリフォルニア州沿岸に位置する港町の町並み都市モントレー

サンフランシスコ、ナパバレーの次に大好きになった港町モントレー。

とてもキレイな海岸線、ビーチ、美味しいレストランなども多くロマンティックな場所です。かつてはイワシの缶詰工場が並び現在もその景観を残し、歩いているだけでもその歴史ある町並みを楽しめます。

サンフランシスコからは車で約2時間程度。

シリコンバレーで有名なサンノゼ方面を抜けても良し、左側の海側経由で向かっても良し。
道中もアメリカならではの道やお家を眺めているだけで心躍ります。

私達は途中で最近映画にもなった超有名スポットのミステリーハウスに寄り道して行きました。(記事最後にご紹介してます)

モントレーは見どころ観光スポットがたくさんあるので1日いても飽きませんよ〜!ビーチも美しいですし。大人な雰囲気が漂うデートにも最適(^^)

モントレー ベイ水族館 Monterey Bay Aquarium

可愛いペンギンにラッコ、多種多様なお魚、海鳥達と出会える壮大で圧巻の水族館!

動物園と水族館は日本でも海外でもよく行きますがここほど素晴らしい環境でロマンティックで楽しいところはないんじゃないかと言うほど、見応えがあり充実した時間でした(*^^*)

550種以上の動植物を3万5,000以上展示しており、その多くは、カリフォルニア州固有の生物のようです。

とてつもなく大きな水槽を気持ちよさそうに泳ぐたくさんの魚達。。潜水しているスタッフがいて何やら軽快なトークにその場にいたお客さんは大盛り上がり!(みんな適当に地面にあぐらで座って楽しむ感じとかもアメリカっぽいw)

ヒトデ等に触れるゾーンもあったり、時間によっては映像放送もあったり家族連れもカップルもお友達もおじさんもおばさんも老若男女で賑わってます。

鳥の展示ルームではなんと人と鳥を隔てる壁が一切ありません!なので鳥は通路側に来ることが可能。ただ人がいるためあまり来ないけど、夜などは自由に動き回っているのだとか。賢いですよね。

 

水や木もあり広々としたこの場所を見ているだけで、なんだか楽しくなりました。私の英語なので自信はありませんが怪我をした鳥も保護しているとかなんとか・・

とっても広い水族館なので、疲れたら海が一望出来るカフェレストランで休憩したり、外のベンチに座って海を眺めながら語り合ったりといくらでも時間を過ごせちゃうほど素敵過ぎる場所でした。

価格は大人$49.95=約5400円ほどという超強気な価格・・でも行く価値はありです。

ちなみにサンフランシスコ市内のピア39にあるベイ水族館は$27ですが、全然しょぼすぎてがっかりポイントです。笑 断然こちらの方がオススメ♪

レストラン”ババ・ガンプ・シュリンプ”

こちらはトム・ハンクス主演のアカデミー賞受賞映画「フォレスト・ガンプ」のその後をテーマにして有名になったレストランです。日本含め世界各国に43店舗ほど展開しており、その第一号店が1996年にオープンしたここモントレーのお店。

映画の中に登場した衣装、小物、写真などが店内に飾られており、とってもアメリカンな雰囲気を味わえます。オススメはもちろんエビ料理ですが、たくさんのシーフード料理があり迷ってしまいます。

店員さんも感じよく、海も見えるし素敵なロケーションなのは間違いありませんね。ちなみにここの近くにもたくさんのレストランやお土産屋さんがあって見て歩くだけでワクワクして楽しいですよ!

フィッシュアンドチップスやバーガー、ガーリックシュリンプを頂きましたが、楽しいひとときに写真は忘れてました・・w

私は映画見ていませんがそれでもカジュアルでユニークでここでしか味わえない楽しい時間を過ごせると思います。

キャナリーロウCannery Row

先住民、アジア人、ヨーロッパ人、補鯨、イワシ産業と複雑に絡み合う歴史がある港町で全盛期の頃はたくさんの缶詰加工工場があり栄えていた町でした。その後水産業は衰退し現在では観光地として新たな復興を成し遂げた場所です。

とてもユニークでオシャレなレストラン、お土産ショップなど古き良き町並みを感じながらぜひ歩いて欲しいですね!友達と離しながら歩くだけで本当に幸せな時間を感じますよね。贅沢な一時(*^^*)

水族館にここの歴史が多少紹介されているので、そちらを見てから歩くとまた違った感覚を覚えるかもしれません。

素朴で暖かい雰囲気がとても良くて、私は大好きな町並みです(*^^*)ちょっとした広場にはモニュメントがあり海とのコントラストがとても素敵なのでぜひぜひ立ち寄って欲しいです。

サンフランシスコとのヨーロピアン朝とはまた全然違った味わいが感じられるので、休日やちょっと羽を伸ばしての小旅行に最適です。本当にこんな場所に住めたら幸せでしょうね〜いつかはきっと・・・

寄り道ポイント:ウィンチェスター・ミステリー・ハウス

Winchester Mystery House 525 S Winchester Blvd, San Jose, CA 95128

歴史建造物や遺跡に非常に興味があるので、途中で幽霊屋敷と言われている恐ろしそうなこの豪邸へ見学に行きました!きゃー

概要:この屋敷はかつて38年もの間絶えず建設がつづけられており、呪われているという噂がある。屋敷はその昔、銃のビジネスで成功を収めた実業家ウィリアム・ワート・ウィンチェスターの未亡人、サラ・ウィンチェスターの個人的な住宅であったが、現在は観光地と化している。このサラ・ウィンチェスターの指示の下、38年後の1922年9月5日に彼女が死亡するまで、実に24時間365日、屋敷の建設工事が続けられた。建設工事費は、およそ550万ドルであった。

屋敷はその巨大さと設計の基本計画が無いことで有名である。一般に信じられている話によると、サラ・ウィンチェスターは屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、それらが邸宅内で及ぼすと予想した霊障からいつでも逃れる為の隠し部屋・秘密通路をひたすら増築し続け備えておく事しか方法がないと妄執していたとされている。

Wikipedia参照

製造した銃でたくさんの命を奪い、その結果呪われていると感じてそれから逃れるため死ぬまで増改築を続けたという事ですね。違う方法で供養なり出来なかったのかなと思いました。

内部はツアー参加$39で見て回ることができます。結構な人数(20人くらいかな?)で説明を受けながら約1時間ほど見て歩きました。

英語なので半分以上分かりませんでしたがw見て楽しめるので全然ありです!ちなみに庭も非常に豪華!

工事途中の部屋、天井で行き止まりの階段、ぐるぐると迷路みたいに入り組んだ通路、行き止まりのドア・・摩訶不思議な内装がとても興味深いです。

100年以上も前の建築物やインテリア、小屋などのミニ博物館があり、楽しいという感想は違うのでしょうが見応えがありました。霊障が起こるとの事ですが、そんな恐ろしさは感じずとてつもなく大きな豪邸という感じ。

ただ一緒に行った人はげっそりしてしまい、終わった後にお祓いというかお唱えを一緒にしました。あまり気分は良くなかったそうな・・

↓これはレーザー銃的な射的ゲームで当たると動くゲーム・・完全なブラックジョークに感じる。内部写真は確か禁止されていたため何もありません。

2018年6月公開の映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」ホラー映画としてこの場所にまつわる内容なので、訪れる前後に鑑賞しておけば、きっと更に楽しめる事間違いないと思います。

実際に撮影されているものの、オーストラリアで復元して撮影しているようです。それにしても予告だけで恐ろしいわ・・・

2 件のコメント

  • 楽しく拝見していますサンフランシスコの学校を教えて頂けますか?本当に高いとこばかりで、問い合わせたらビックリ‼️500ドル以内なんてなかなかサンフランシスコではなく、教えて頂けたらありがたいです。私もサンフランシスコに留学していました、ひたすら自分の足で色々みてパワーステイション?のケーブルカーの 横のbuildingで300
    ドルくらいでした、25ネンモ前ですが息子が今Vallejoに居て学校を探しています

    • コメントありがとうございます(*^^*)え〜留学されていたのですね!
      息子さんにも留学経験させてあげるなんて素敵過ぎます♡300ドルは安いw
       
      私が通っていた語学学校はこちらです→https://iicesl.org/
      去年より$50値上がりして現在月$500ですが、それでも格安です。
      授業内容も先生も立地も建物もどれも全然良いレベルだと思います♪
       
      フレンズ割引がまだ継続されていれば、私の名前を出して頂くと
      数ドルお安くなると思います。
      ぜひ問い合わせて見てください。
       
      あ、VallejoってことはSF市内にお引越しでしょうか?
      それだと家賃レジデンスでも月10~20万円くらいとかなり相場が高いので
      色々探された方が良いかも知れません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)