一人で自由気ままにベネチアの世界遺産サンマルコ寺院へ

サン・マルコ寺院 (Basilica di San Marco)とは、ベネチアで最も有名な大聖堂です。ベネチア行くなら、ここに行かねば語れない場所、それがサンマルコ寺院!

そんな私も教会好きなので、激アツの中行列に並びもちろん行って来ました(^^)

美しいモザイク壁画の豪華さと、きらびやか、そして歴史あるアイテムを間近で見れる素晴らしい場所でございました。

サン・マルコ寺院には街の守護聖人サン・マルコが祀られている

聖マルコさんとは新約聖書の一部、イエス・キリストの生涯と教えを書いた『マルコによる福音書』の著者とされている聖人です。

828年のヴェネツィアでは、エジプトにあった聖マルコさんの遺骸を奪い取って半ば強引に守護聖人にしそれを記念したのがサンマルコ寺院の始まりでした。イタリア自体には縁もゆかりもないようでちょっとびっくりw

ちなみに日本の守護聖人は聖フランシスコ・ザビエルさんらしいです。日本に普及した偉大な方ですから納得。

開会時間
【サン・マルコ寺院】
4/16~10/28 9:30~17:00(日・祝14:00~17:00)
10/29~4/15 9:30~17:00(日・祝14:00~16:30)

【パラ・ドーロ/宝物館】
4/16~10/28 9:35~17:00(日・祝14:00~17:00)
10/29~4/15 9:45~16:45(日・祝14:00~16:30)

【博物館】
4/16~10/28 9:45~16:45
10/29~4/15 9:35~17:00

料金
サン・マルコ寺院 無料
パラ・ドーロ 2ユーロ
宝物館 3ユーロ
博物館 5ユーロ

注意
写真撮影、飲食、大声での説明、露出した服などは禁止されています。尊重した訪問を心がけましょう。バックパックなど大きめのかばんは持ち込み禁止ですので、ご注意ください。

荷物の預け場所はこちら

噴水の向こう側にある路地裏に無料で預けられる場所があります。行列に並ぶ前に予めここで預けておきましょう。案内がわかりづらく、もう入場出来るという手前で断られている人が何人もおりました(^^;)

女性が持つような小さめのハンドバッグなら大丈夫でした。私は身軽でいたかったので、エコバック折りたたんだのしか持っておらず、問題なく入場出来ました。

厳しいですが治安やテロの問題があるので、これは仕方ないですね。

サンマルコ寺院は外観から圧倒される

行列に並ぶ事20分程度でしょうか。周りはカップルや家族連ればかりのなか、女ひとりでボケ−と待ってました 笑

本当この日は暑すぎて頭が回らなく、早く中に入る事だけを考えてました。それでも外観からすごくて見ていて飽きませんよ、これは。

ちょっと離れているのですがサンマルコ広場には青い文字盤の時計台があって、12星座が描かれております。待ってる間にこんなのを探してみるのもいいかも。

待ちたくない!という方には日本後で予約出来るツアーもあるので、こちらを検討してみると良いと思います。

サンマルコ寺院&ドゥカーレ宮殿入場 半日ツアー

サンマルコ寺院自体はお金がかかると思ってたら、無料で入場出来ました。列にそって歩き天井や壁のモザイクなんかを見て進みます。すべて大理石で出来ている豪華絢爛な内装。

オーディオガイドの貸し出しがありましたが、確か日本語もあったので中に入ってから借りれば良かったと後悔!色々飾られていても、調べていなかったため意味が分からずありがたみが半減しますw多少歴史や始まりをしっておくとより感動出来るはず。

奥の祭壇の方まで来ると、また受付のような場所があります。ここは「パラ・ドーロ」と呼ばれる有料ゾーン。

せっかくのなので入場しましょう。主祭壇があり、その裏には真珠、ガーネット、ルビー、エメラルド、サファイアなどの宝石を用いた豪華な祭壇画が拝めます。

その時はこれが何かは一切分かりませんが、ありがたいような雰囲気だけはしっかり味わいましたよ!これが1番の宝物で価値あるんだと思われます。

そこから出て真ん中を突っ切って歩くとその奥には、イスがあってお祈り出来る小さな祭壇スペースがあります。せっかくのなので少し座って瞑想、お祈りを・・・

出口の方に進むと、上に登れる階段が登場します。

博物館は2階バルコニーから外に出られる必見の穴場スポット!

ほとんどの方が無料ゾーンで満足するのか、興味がないのかスルーして外に出て行くので、博物館内はかなりがら空き状態です。

中に入ると2回の吹き抜けに位置するので、間近で天井や壁のモザイク画を見ることが出来ます。

ベンチがあってゆっくり出来てとても満足します(^^)そのまま外に出るとサンマルコ広場が一望!

海も見えて気持ちよく、さすがに眺めが良くて、自撮りしちゃいましたわwここに来ないなんて、もったいないでしょ?

夜はまた幻想的な景色になるようで、時間を変えて来てみるのも素敵!!

この広場にはレストランやカフェ、ショップなど多く点在しており、ミニジャズコンサートもお店によってしているのでここだけでも何時間も遊べそう・・優雅ですわ。

また中に戻りしょう。歴史がある大きな4頭の青銅の馬がお出迎えしてくれます。元はイスタンブールにあったけど戦争による戦利品として国々を渡り現在はここに展示されているのです。

バルコニーにある馬はレプリカですが、間近で見られました。

博物館内は写真撮影禁止なので、残念ながらこれ以上のはありません(つд⊂)

博物館で見れる歴史あるアイテム達

解説を丁寧に見たわけではないので、恐らくですがキリスト教で使われた祭壇の椅子、布、壁画、本などがたくさん展示されてます。

かなり痛みもあって歴史を感じます。

全く人がいないので、本当にここではゆっくり見学出来てまさに穴場です。トイレもあって、途中自販機が置いてあり、冷たいジュースも買えます!

宝物館は残念ながら場所が分からずスルーしてしまいました。多分寺院の右側の建物だったのかな?

その後、海沿いを歩いて橋を渡りテラス席があるカフェでアイスクリームを注文。

見たこと無いエスプレッソアイスクリーム+コーヒーのような、オシャレアイテムが登場しました。さすがに美味しかったけど1,000円以上・・・。

暑い日は脱水になりやすいので、我慢してあえてビールは飲みませんw女ひとり旅なんでね、猛暑日の体調管理は必須です。

イタリアはジェラートとエスプレッソが有名なので、このカフェで一気に楽しめて得した気分ヾ(*´∀`*)ノ道行き人を見たり、次どこまで行こうか考えたりとのんびりタイム。

寺院に行ったあとは、お近くのジェラートショップおすすめです♪